Back Marketって、本当に信用できるの?

Back Marketって、本当に信用できるの?」と思われるかもしれません。

本当のところどうなのか探ってみましょう。

安心安全のBack Market

Back Marketは電子機器の新商品生産の廃止を目標にかかげ、2014年に誕生しました。そうは言ってもiPhoneや、iPad、パソコンなどの新しい技術に反対しているわけではありません。信頼できる品質管理の元、環境にやさしく作られたBack Marketのリファービッシュ品を購入すれば、低価格で新品同様の商品を環境を汚染せずに手に入れられるからです。

Back Marketが始まった当初のリファービッシュ(整備品)・マーケットプレイスはいくつかの課題を抱えていました。一番の課題は、多くの販売者ベンダーが明確な品質管理をおこなっておらず、売られている商品の状態が不明瞭だったことです。Back Marketはこの問題を解決するためにクオリティ・品質チャートを導入しました。これはつまり、整備リファービッシュを担当する人者が販売までにおこなう必要があるテストを定義したチャートです。クオリティ・品質チャートに加えて商品品質グレートを明記することも義務化し、消費者の手元に渡るリファービッシュ品がどのような見た目なのかをわかりやすく提示することを可能にしましたに成功しました。

パリオフィスのBack Marketチーム

ウェブサイトをみれば分かる通り、各商品「新品同様Mint」や「目立ったキズなしGood」などのグレードごとに分けることによって、外観の状態が分かりやすく紹介されてます。商品によっては、より詳細な説明文が付けられており、ほぼ未使用のまま返品された商品であることや、小さなカスレ傷などの外傷があるかどうかを明記しています。Back Marketが普及する以前、整備リファービッシュ品を購入することに不安を覚える人もたくさんおり、「新しい商品〇〇(商品名)を安く買いたいけどリファービッシュ品だと品質の心配がある」という考えをも持つことも一般的でした。そのため、私たちはリファービッシュ・マーケットプレイスの透明性をあげることを使命に掲げています。リファービッシュ品を購入する際に、運に任せていてはいけないと思うからですのがくじ引きを引くのと同じであってはなりません。Back Marketでリファービッシュ品を購入すれば、商品を選ぶ段階できちんと品質や外観の状態を正確に確認することが出来るので、安心してお買い物していただけまするんです!

環境への配慮

Back Marketは品質に関する透明性を徹底するだけでなく、環境への配慮も怠りません。ウェブサイト上では、消費者が新品ではなくリファービッシュ品を購入した時に節約できる電力量や、環境汚染の軽減効果などをわかりやすく説明しています。私たちは地球をサステナブルで生きやすい場所にするための取り組みをすることを当たり前のことだと思って活動し、これまで既に1700トンの電子廃棄物の削減、10万本の木の植栽に成功しました。更に、新しい電子機器を作るために使用されるはずだった貴金属72メガトンの節約にも成功しています。

でも、本当に、の本当に信用できるの?

ここまで読んだあなたはきっと、「すごく良さそうなことはわかったけど、それでも本当に大丈夫なのかなあ」と思っている頃でしょう。極端な話、試してみなければわからないことでもありますので、Back Marketsの商品を気軽にお試しできるようなシステムを作りました。1430日間の返金可能期間も設けているのでのおかげで、安心してBack Marketの商品をお試しいただけまするようになっています。もし購入した商品が気に入らなかった場合でも、1430日以内であれば返品・返金が可能です。商品を気に入っていただいただけたあとも、最低1年間の保証がついてくるので安心して商品をお使いいただけます。

 

ヨーロッパで最近ではBack Marketの認知も高いのですが、もバズって来たのですが…それはBack Marketがユーモアを忘れずにサービスを提供することを意識しているからかもしれません。一人ひとりのユーザーの方々が安心してBack Marketをご利用いただけるよう使えるよう、徹底的に、でも時にはユーモアも忘れず、環境にやさしいマーケットプレイスを築き上げることに日々注力しています。皆さんあなたもBack Marketファミリーの一員となることを心待ちにしています。

Previous Post Next Post

No Comments

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.